2020年10月 5日公開

IT用語辞典

デジタルツイン

制作協力:株式会社インプレス

読み方 : でじたるついん

デジタルツイン

製品や製造プロセスなどに関わる現実世界の情報・データを、デジタル上にリアルタイムで再現するシステム。コンピューター上では、収集した膨大なデータを基に、限りなく現実に近いシミュレーションが可能となり、製品の製造工程やサービスの在り方を改善するうえで有効な手段である。

物理的なテスト環境を用意しなくても、デジタル上で繰り返しテストができるというメリットがあり、次世代のものづくりにおける重要な技術といわれている。また、開発・設計に加え、「製造、配送、設置、導入、保守メンテナンス、廃棄」の全ての工程で、効率向上とコスト最適化が期待できることも魅力といえる。

世界の多くの企業がデジタルツインを導入している。例えば、ゼネラル・エレクトリック社は、デジタルツインにリアルタイムで飛行機の飛行データやエンジンの詳細データ、粉じんなどのデータを収集し、エンジンのオーバーホールの適正な時期を割り出して、コストの削減を図っている。