ビジネスお役立ち情報 > 経理ママ・改善尚未のなるほど!経理給与

経理ママ・改善尚未のなるほど!経理給与経理ママ・改善尚未のなるほど!経理給与

コンテンツ一覧へ

舞台となるのは大阪のカイゼン商事のオフィス。経理ママ・改善尚未はこの会社の総務・経理を一手に担っています。改善四郎社長との掛け合いの中で日々生まれる疑問の数々。そこへ弁当屋“たらふく”のアルバイト店員の現代知恵蔵が颯爽と登場して…!?

ピックアップ記事ピックアップ記事

「弁護士に聞く"請求書にハンコは必要!?"」の巻法的に請求書にハンコが必要なのか、不要なのかを弁護士が解説します。また、ハンコの種類やハンコの法的有用性、電子印鑑など、ハンコにまつわる疑問を解決します。

詳しくはこちら

「経理担当者が知っておきたい税金の納付期限」の巻税金は納付期限に少しでも遅れると延滞税や加算税が生じます。そうしたペナルティーを受けることのないよう、納税スケジュールをまとめます。ぜひ、確認しておきましょう。

詳しくはこちら

「社会保険“新加入基準”での手続き」の巻平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の被保険者資格の取得基準が改まり、社会保険の手続きが変わりました。今回はこの基準変更に伴う手続きについて解説します。

詳しくはこちら

「ソフトウェアのライセンス管理について知りたい!」の巻会社のパソコンで使用するソフトウェアのライセンス管理についてをまとめます。また、そのトラブル防止のためのソフトウェア不正使用についても解説します。

詳しくはこちら

「インターネット上の誹謗中傷は削除できる?」の巻根拠のない投稿や書き込みによるによる被害が多くなっている。そこで今回は、このようなインターネット上のトラブルへの対処方法をまとめる。

詳しくはこちら

「法定調書とマイナンバー」の巻平成28年度の法定調書合計表の提出時期は平成29年1月31日となっており、法定調書合計表に添付する各法定調書にはマイナンバーの記載が必要となる。今回はその記載場所や記載に関するQ&Aをまとめる。

詳しくはこちら

「育児休業の手続きの流れは、これ!」の巻今回は、出産・育休に関する社会保険や雇用保険の手続きをまとめます。一時金や給付金、保険免除など、さまざまな制度に必要な手続きの流れが分かります。

詳しくはこちら

「年末調整とマイナンバー」の巻平成28年の年末調整から、税務署と市町村に提出する源泉徴収票、給与支払報告書にマイナンバーの記載が必要になります。そこで今回は年末調整に必要なマイナンバーの知識をまとめます。

詳しくはこちら

「高額所得者の健康保険料が変わる!」の巻平成28年9月に健康保険の上限額が改定されます。そこで今回は変更の概要と注意すべきポイントについて分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

「契約書の基礎知識」の巻契約書について、弁護士の堤先生が解説します。契約書の意義、契約書の書き方、読み方などについての基礎知識が分かります。

詳しくはこちら

「修繕費が経費となる条件」の巻オフィスの設備・器具などの修繕にかかる費用は修繕費として経費と認められるかどうか、税務上の判断に迷うことがあります。そこで今回は、どんな修繕費が経費として認められるのか分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

「傷病手当金・出産手当金の計算方法が変更!」の巻平成28年4月1日から健康保険法の改正により「傷病手当金・出産手当金」を申請する際の計算方法が変わり、給付額も変わってくる場合があります。そこで今回はその計算方法の変更の概要と注意すべきポイントなどを解説します。

詳しくはこちら

「マイナンバー対応講座(税務手続き編)」の巻マイナンバー制度がスタートして税務関連の届出書も新様式となりました。そこで今回は税務関連の手続きに焦点をあて、事業主が注意すべきポイントを解説します。

詳しくはこちら

「マイナンバー対応講座(雇用保険手続き編)」の巻2016年1月からスタートしたマイナンバー制度によって労務関連の届出書も新様式となり、手続きもどう変わるかをおさえておきたいところです。そこで今回は雇用保険手続きに焦点をあて、事業主が注意すべきポイントを解説します。

詳しくはこちら

「必見! 決算前に要チェック!」の巻決算前に準備する項目を解説します。今回は応用編として、経理担当者が特に気をつけておくべき確認事項をまとめます。

詳しくはこちら

「不良債権の処理が知りたい!」の巻今回は不良債権処理についてまとめます。債権や貸倒れとは、という基礎知識から、不良債権処理方法の詳細まで、どのようにしたら損失を少なくできるか詳しく解説します。

詳しくはこちら

「割増賃金の基礎知識」の巻従業員の時間外労働、休日労働、深夜労働に伴う割増賃金についての基礎知識をまとめる。混同されやすい代休や振替休日との関係についても解説する。

詳しくはこちら

「福利厚生 or 給与? 税がかからない経済的利益」の巻福利厚生制度の充実は社員のモチベーションアップに役立つが、費用や方法によっては課税対象となる場合がある。そこで今回は、従業員の「経済的利益」が福利厚生となるのか、給与となるのか、の判断基準を解説する。

詳しくはこちら

「年末調整の"困った!"を解決」の巻年末調整にあたって、経理担当者がよく受ける質問について解説します。各種証明書を紛失した場合、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」記入の注意点、各種控除に関する疑問などをまとめます。

詳しくはこちら

「労働時間の管理」の巻毎年11月の「過労死等防止啓発月間」には、労働基準監督署が労働時間に関する法令違反を重点的に指導します。そこで今回は「労働時間の管理」の基本知識をおさらいします。法定労働時間や36協定、変形労働時間制などについて、改めて確認し、適正な労働時間管理について学びましょう。

詳しくはこちら

「マイナンバー対応講座(入門編)」の巻平成27年10月からマイナンバーの支給が始まり、翌年1月からその利用が義務づけられていきます。そこで今回は、事業者の立場からマイナンバーの利用や管理について解説します。

詳しくはこちら

「海外駐在員の税処理」の巻前回の海外駐在員の社会保険についての解説に続いて、今回は海外駐在員の税処理について解説します。出国する前に知っておくべきポイントや、帰国後の税処理について、分かりやすくまとめます。

詳しくはこちら

「海外駐在員の社会保険」の巻最近では、海外駐在員を抱える事業所も多くなってきています。そこで今回は、海外駐在員の社会保険について、詳しく解説します。社会保険適用の原則から健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、介護保険、雇用保険まで、分かりやすくまとめます。ぜひ、チェックしてください。

詳しくはこちら

「労働保険の年度更新〜これだけは知っておきたいポイント」の巻労働保険の年度更新の基礎知識をまとめる。基本は4項目に、手続き上、押さえておくべきポイントは7項目にまとめ、分かりやすく解説する。

詳しくはこちら

「平成27年度税制改正のポイント」の巻平成27年度与党税制改正法案が可決されました。そこで、経理担当者が知っておくべきことに絞って改正のポイントを分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

「契約社員の雇用管理」の巻契約社員を雇用する企業が増えた昨今、雇用ルールの不徹底が元でトラブルとなることもあります。そこで今回は契約社員の雇用管理について、その労働契約の基礎から解説します。

詳しくはこちら

「税務調査がやってきた! vol.3 修正申告と更正請求」の巻「税務調査がやってきた!」シリーズ最終回です。税務調査官からの指摘内容によっては「修正申告」「更正請求」が必要になる場合があります。実際に指摘事項の提示を受けることになった場合にはどのように対応すればよいのかをまとめます。

詳しくはこちら

「税務調査がやってきた! vol.2 指摘事項の傾向と対策」の巻税務調査がやってきた!シリーズ2回目はおなじみ改善商事が舞台のケーススタディー「指摘事項の傾向と対策」です。税務調査で指摘されることの多い問題点と実際に指摘された際の対応、その後の備えまでを具体的に解説します。ぜひご一読ください。

詳しくはこちら

「税務調査がやってきた! vol.1 税務調査の流れ」の巻税務申告の内容が正しいかどうかを税務署が調査しに来るのが税務調査ですが、その実態を知らず、不安に感じる方もいるようです。そこで今回は、たとえ、突然税務調査が入っても慌てないよう3回にわたり、詳しく解説します。第1回は「税務調査の概要と流れ」です。

詳しくはこちら

「費用? 減価償却? 中小企業の資産購入」の巻会社で購入した備品等は経費として計上すべきか、固定資産として計上すべきかの判断に迷うことがあります。そこで今回は、中小企業の資産購入にまつわる税務処理について、分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

「年末調整で処理できる控除とできない控除」の巻その年の年間給与所得金額に基づいて正しい税額を求め、過不足がある場合には差額を還付・徴収するなどして調整する年末調整。ポイントとなるのは各個人の状況に応じたさまざまな控除です。そこで今回は控除を中心に年末調整の基本知識を解説します。

詳しくはこちら

「今年も労働基準監督署が動き出す!」の巻労働基準監督署の監督官が機械・設備や帳簿などを調査して労働者の労働条件について確認を行う「臨検」。秋に多いこの「臨検」について、その目的や準備・対応、実際の結果から、違反があった場合についてまで、分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

「社会保険料の基本知識」の巻毎年9月には算定基礎届などに基づき「社会保険料」が算出され、10月支払いの9月分給与からは、厚生年金保険料率が変更されます。この時期に合わせ、社会保険料の基本知識をおさらいしておきましょう。

詳しくはこちら

「外国人労働者の社会保険」の巻このところ、外国人技術者などを雇い入れる企業も増えてきました。そこで今回は、外国人の雇用にあたって必要な労務手続きをまとめます。外国人雇用の際には必見の内容です。ぜひ、ご確認ください。

詳しくはこちら

「産前産後休業期間中の社会保険料」の巻平成26年4月から、産休期間中も社会保険料が免除されることになりました。そこで今回は、会社負担分の保険料も含めて免除されるこの新制度について解説します。免除期間中も被保険者資格に変更はなく、年金額を計算する際も保険料を納めた期間として取り扱われるこの制度。ぜひ、確認しておきましょう。

詳しくはこちら

「年金事務所の定時決定時調査」の巻算定基礎届の提出時期に合わせて実施される年金事務所の定時決定時調査をご存じですか?3年前から始まった現行の調査方法について、その目的や調査の際に必要な書類、チェックされるポイントなどについて分かりやすくまとめます。呼び出しを受けてから慌てないよう、ぜひご一読を。

詳しくはこちら

「法人税・法人復興特別税の初歩知識」の巻今回は会社が課税される国税について取り上げます。消費税は以前紹介したので、法人税・法人復興特別税の初歩的な知識を中心にまとめました。税額の計算式の説明もありますが、基本的には「初歩」なので難しい税法の専門用語をなるべく使わずに解説しています。

詳しくはこちら

「所変われば税率も変わる?」の巻企業に課せられる地方税がいろいろある中で、○○県は税金が高い、安いなどといううわさを耳にすることがありますが、法人にかかる税は地域によって格差があるのでしょうか? 今回は地方税について、税率や課税対象などを分かりやすくまとめます。

詳しくはこちら

「知っておきたい労働基準監督署のお仕事」の巻「労働者保護の最前線」 と呼ばれることもある労働基準監督署。いったいどんな業務を担っている機関なのでしょうか?今回は、労働基準監督署の基礎知識から、労働基準法に違反していないかを調べる目的で事業場に立ち入る「調査」まで、詳しく解説します。

詳しくはこちら

「中小企業でもできる税務申告の延長」の巻税務申告の延長という制度をご存じですか?災害や社長の病気等により、税務書類が作成できないという万が一の事態には、この税務申告の延長という制度が役に立ちます。今回は意外に知られていないこの手続きについて解説します。ぜひ、チェックしておきましょう。

詳しくはこちら

「中小企業が見落としやすい税額軽減」の巻平成25年4月1日以降に開始する事業年度から適用される、雇用促進税制と所得拡大促進税制はアベノミクスの目玉です。今回はこの二つの税額軽減制度を中川誠税理士が分かりやすく解説。対象企業や必要な手続きが分かります。優遇策を見逃さないよう、ぜひ確認しておきましょう。

詳しくはこちら

「接待交際費と会議費の税法上の違い」の巻年末年始は公私ともに会食の機会が多い時期。「この食事代は会議費? このプレゼントは接待交際費?」と迷うことも多いかと思います。飲食費で混同しがちな接待交際費と会議費の税法上の違いに焦点をあて、中川誠税理士が分かりやすく解説します。また、記事の最後には実例を用いた簡単なQ&Aも掲載。年末年始に向けて備えておきましょう。

詳しくはこちら

「経理担当者が見落としがちな年末調整」の巻年末調整を毎年経験していても、扶養控除等申告書に記載されている項目のうち、経理担当者がうっかり確認し忘れてしまう項目があります。今回は見落としがちな項目に絞って解説します。

詳しくはこちら

「改正消費税、その基礎知識」の巻消費税法の一部が改正され、2014年4月から消費税の税率が引き上げられることが決まりました。その日に備え、改正の概要を中川誠税理士が解説します。あわせて、法人や個人事業主は預かった消費税を納税する、という消費税の知っておくべき基本も分かりやすく紹介します。

詳しくはこちら

「老後だけではない!厚生年金保険給付」の巻一般的に年金というと、老後にもらうものという意識が強いと思いますが、遺族年金や障害年金のように、必ずしも老後に限らない年金も実はあります。それぞれ、どのような条件がそろえば支給対象になるのでしょうか?労務担当者として知っておくべき厚生年金の基本から手続きまでを、具体例を挙げながら、稲山社会保険労務士が解説します。

詳しくはこちら

「これって労災?【通勤災害編】」の巻前回の【業務災害編】に続き、今回は労災における【通勤災害編】です。通勤災害の適用範囲はどこまでか?例えば、通勤途中に立ち寄ったコンビニエンスストアで事故に遭った場合はどうなる?など、労災の通勤時における適用範囲について分かりやすく解説します。

詳しくはこちら

「これって労災?【業務災害編】」の巻普段、労災保険に関する事務はそんなにありませんが、事故は突然起こるものです。そうなったときに慌てないためにも、労災の基本をおさらいしておきましょう。今回は【業務災害編】をお送りします。

詳しくはこちら

「社会保険算定基礎届」の巻毎年6月になると「報酬月額算定基礎届」が年金事務所から送られてきます。年に一度のことですので、とまどう人もいるかもしれません。提出期限は7月1日から7月10日まで。今回は社会保険算定基礎届の基本と注意点について改めて確認しておきましょう。

詳しくはこちら

「中小企業だから知っておきたい役員報酬の話」の巻役員報酬は会社の損金になり、節税に有利になるよう考えられることも多いようです。それだけに制約もあるので、いくつか注意すべき点も出てきます。今回は役員報酬のポイントをご紹介します。

詳しくはこちら

「パートタイマーの雇い入れ:知っておきたい法律・手続き」の巻いまやどんな規模・業種の会社でも貴重な戦力として欠かせないパートタイマー。もちろんパートであっても労働者の権利は法律で保護されています。パートさんに気持ちよく働いていただけるよう、雇用にあたってのポイントを整理しておきましょう。

詳しくはこちら

「損をしないために知っておきたい消費税の知識」の巻企業の活動と切っても切れない消費税。課税・免税の判定や、課税方式の選択など、消費税ではいくつかの岐路があります。選択によっては納税額に大きく差が出る場合も!今回は損をしないために知っておきたい消費税のアウトラインをご紹介します。

詳しくはこちら

「電子手形の基礎知識」の巻企業同士の取引に欠かせない手形。その電子版である電子手形の利用が広がっています。紙の手形とはどこがどう違うのか。今回は中小企業の資金繰りに大きな役割が期待されている電子手形についてご紹介します。

詳しくはこちら

「小切手・手形の基礎知識」の巻企業同士の取引に欠かせない小切手と手形。取り扱いにあたって、基本的な知識があれば自信を持って作成や換金ができるはず。今回は「いまさら聞けない小切手・手形の基礎知識」をご紹介します。

詳しくはこちら

「復興特別法人税って?」の巻前回の「復興特別所得税」に続き「復興特別法人税」のご紹介です。東日本大震災からの復興に向けたさまざまな施策を実施するにあたり、その財源を確保するために創設されたという点では「復興特別所得税」と趣旨は同じです。

詳しくはこちら

「復興特別所得税って?」の巻東日本大震災からの復興に向けてさまざまな施策が行われていますが、その財源を確保するために「復興特別所得税」が創設されました。今回は、新しく始まった税の基本と手続きについてご紹介します。

詳しくはこちら

「高年齢雇用継続給付って?」の巻60歳超の社員の雇用をサポートするのが、雇用保険の「高年齢雇用継続給付」の制度です。社員が60歳を超え、賃金が減額すると給付金が支給されます。今回は、制度の基本と手続きについてご紹介します。

詳しくはこちら

「育児休業給付&介護休業給付の基礎知識」の巻育児や介護で会社を休む場合、雇用保険から「休業給付」(雇用継続給付)が支給されます。今回は、その手続きや注意点など、育児&介護休業給付の基本をご紹介します。また、社員の関心が高い「出産手当金」「出産一時金(出産育児一時金)」についても一緒に確認しておきましょう。

詳しくはこちら

「旅費交通費の基礎知識」の巻通勤するにも出張するにも、どこかに営業で出かけるにも、ついてまわるのが旅費交通費です。リョヒコウツウヒ? その言葉は普通に使っているけど、いまいち分かっていないというあなた!今回は旅費交通費の基本をおさらいしてみましょう。

詳しくはこちら

「毎日使うハンコの基礎知識」の巻契約書、納品書、領収書から休暇届や始末書まで、会社ではさまざまな機会にハンコを押します。ハンコ社会ニッポンの会社ではハンコの知識は不可欠!今回は経理ママといっしょに、ハンコについて基礎から勉強しましょう。

詳しくはこちら

「社会保険の定時決定!基本知識の総まとめ」の巻6月に入ると年金事務所から送られてくる「報酬月額算定基礎届」「算定基礎届総括(調査)表」。提出期限は7月1日から7月10日までとなっています。毎年のこととはいえ、1年もたてば知識も曖昧になってくるもの。ここで改めて、提出までの流れと、注意点についておさらいしておきましょう。

詳しくはこちら

「6月になれば労働保険の年度更新で大忙し!?」の巻毎年、労働保険の年度更新の時期が来ると、説明書類を含む申告書類一式が送られてきます。提出期限は6月1日から7月10日まで。労働保険事務組合に事務委託をしていない事業所の場合、その手続きを自ら行わねばなりません。提出にあたって気をつけるポイントとは? 今回は「労働保険の年度更新」についての知識を基本から学ぶことにしましょう。

詳しくはこちら

「個人住民税の特別徴収! 基本知識の総まとめ」の巻6月からは新年度の個人住民税の特別徴収が始まります。会社は原則として、社員の個人住民税の特別徴収をしなければなりません。では、どんな手続きが必要なのでしょうか。今回は「個人住民税の特別徴収」についての基本知識をおさらいしておきましょう。

詳しくはこちら

「社員採用!知っておきたい手続き&基本知識」の巻従業員を採用するときには、社会保険や雇用保険、税などの手続きが必要です。書類の提出先は年金事務所、ハローワーク、税務署など。期限を守らないといけない手続きなので、必要事項についてしっかり予習しておきましょう。

詳しくはこちら

「決算が近づいてきたら準備しなくちゃ!」の巻決算は経理にとって1年で最大のイベント。決算は、会社の経営成績や財務状態を知るための重要な作業になります。初心者には複雑で仕事量も多いので、少しずつ計画的に進めないと後が大変。決算が近づいてきたら何をどう準備すればよいのでしょうか。

詳しくはこちら

「社員の“さずかり婚”で、手続きにてんやわんや!?」の巻 税の手続きや徴収を会社が代行するのが日本の制度。このため税の扶養者控除などの措置がともなう社員家族の状況(家族の異動)は会社が把握しておかねばなりません。今日は“さずかり婚”で社員家族に異動があることを知った経理ママ、必要な手続きが思い出せず、大慌てです。

詳しくはこちら

「やっと年末調整が終わって、その後は……」の巻 年末調整の準備も進み、ようやく作業の目処がついたとホッとしたのもつかのま、年明けの1月末に迫ってくる源泉徴収票・支払調書・法定調書etc.の提出期限。「何でも早め」が口癖の経理ママは12月に入ってから気が気ではありません。

詳しくはこちら

「年末はいつも大忙し。だから準備は早めに!」の巻 年末調整の時期は、経理、給与計算の繁忙期。賞与の計算や支払調書の準備などもあるので、必要書類を取り寄せるなど、早めの準備が大切。というわけで、ここ大阪のカイゼン商事でも、11月に入ってから経理ママがあせり始めました。

詳しくはこちら

「中小企業に国際会計基準は無関係?」の巻 金融庁は2012年をめどに国際会計基準を国内の企業に強制適用するかどうか判断すると発表しています。「海外」とも「国際」とも縁のない中小企業にとって、国際会計基準は無関係なのでしょうか。大阪の中小企業カイゼン商事では、経理ママたちのにわか勉強が始まりました。

詳しくはこちら

「管理会計で経営が“見えるか”?」の巻 厳しい経営環境のなか、経営改革を迫られている会社は多いもの。そして経営改革に不可欠といわれるのが管理会計です。管理会計とは何か? 経営にどのように役立つのか? 大阪のカイゼン商事を舞台に、社長、専務の経理ママたちのトークが始まります。

詳しくはこちら

コンテンツ一覧へ

企業のITセキュリティ講座