2022年 6月 7日公開

実務者のためのCAD読本

LiDARスキャンからモデルへ【(続)深掘りBIM/第3回】

監修:鈴木 裕二

「LiDARスキャン」という手軽な点群測量の手法がある。iPhoneを使って、室内をさっとスキャンして3Dモデルを得て、BIMアプリケーションのRevitなどに表示させることができる。この「LiDARスキャン」がさまざまな場面で使われるようになった。今回は、竣工後の建物の実測という場面でLiDARスキャンからRevitでのモデリング・竣工図作成という利用例を紹介する。

この連載について

過去の連載シリーズ「深掘りBIM」の続編として、もう一度BIMに関してより深く掘り下げる。

組み合わせて使うARCHICADとRevit【深掘りBIM/第1回】

シリーズ記事

  • *大塚商会では本稿で紹介している全ての製品を取り扱いしているわけではありません。お客様のご希望製品の取り扱いがない場合もありますのであらかじめご了承ください。

1. LiDARスキャンを使う

LiDARスキャンとはiPhoneやiPadに備わっている機能だ。LiDAR とはLight Detection and Ranging(光検出と測距)の略で、写真で赤く囲んだiPhoneやiPadの黒いセンサーからレーザー光を発してその往復時間から対象物との距離を測定する機能だ。往復にかかった時間の半分を光の速度で割ると対象物からセンサーまでの距離が計算できる。このLiDARセンサーはiPhone 12 Pro、iPhone 13 Pro、2020年以降のiPad Proに搭載されている。

iPhone 12 Pro、iPad ProのLiDARセンサー

iPhoneやiPadとLiDARスキャンアプリケーションを組み合わせて、ターゲット(5m以内 )を動画撮影するように動きながらスキャンする。スキャンが終わるとすぐに図のような3Dモデルを得ることができる。iPhone上でこの3Dモデルをぐるぐる動かして表示し、2点間の距離を測定することもできる。

筆者によるiPhone 12を使ったLiDARスキャンとその表示
アプリケーションはMetascan(https://metascan.ai/)を使用

本格的な3Dレーザースキャナーなら何百万円もするが、スマートフォンでできるこの作業はとにかく簡単だ。さらに結果がその場でわかるので、うまく測れていない箇所があればすぐやり直すことができる。

簡単、すぐできる、その場でやり直せる、と非常に簡便なこのLiDARスキャンとBIMアプリケーションとを組み合わせて使う方法を解説する。iPhoneやiPadで使える LiDARスキャンアプリケーションはいくつかある。LiDARスキャンアプリケーションについてはiwama氏のnote ( https://note.com/iwamah1/n/n5df9a5daaae4)が詳しいので参照されたい。

監修・執筆

鈴木 裕二

1954年 大阪生まれ。アド設計代表、2011年 BIM LABOを設立する。主な著書に『徹底解説AutoCAD LT』シリーズ、『AutoCAD神テク105』(いずれもエクスナレッジ)、『ARCHICADでつくるBIM施工図入門』(鹿島出版会)など。

BIM / CIM / i-Constructionのための統合ソリューションパッケージ

Autodesk Architecture, Engineering & Construction Collectionは、建設業界向けのBIM / CIM / i-Constructionのためのオートデスクソリューションです。建築、土木、インフラ業界の調査計画からの設計、施工、維持管理までライフサイクルに関する業務全体を支援します。
Autodesk Architecture, Engineering & Construction Collection(CAD Japan.comサイトが開きます)

BIMであなたの仕事を変えるArchicad

Archicadは30年以上にわたり、BIMとしての機能性、使いやすさ、導入のしやすさを考えて開発されているソフトウェアです。建築業界における設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者によりデザインに集中できる環境をもたらし、施工現場では生産性の向上をサポートします。
Archicad(CAD Japan.comサイトが開きます)

ページID:00224855