ビジネスお役立ち情報 > 実務者のためのCAD読本

実務者のためのCAD読本実務者のためのCAD読本

コンテンツ一覧へ

CADユーザの閲覧が多い「たよマガ」で始まる実務者向けの特別講義。機械系、建築系と分野別に、最前線で活躍する講師がレクチャーします。CADエンジニアとして、実力をさらに伸ばすきっかけとなる情報をお届けします!

ピックアップ記事ピックアップ記事

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 7th STEP 第2回:動的公差線図の使い方/全5回今回は最大実体公差方式を適用できる幾何特性の種類と、サイズ公差と幾何公差の関係を視覚的に公差検討できる動的公差線図について解説する。

詳しくはこちら

2017年4月

建築系CAD 講師:鈴木裕二

極めるBIM 2―図面を極める…BIMでも図面は必要だ/全5回

極めるBIM 2―図面を極める…BIMでも図面は必要だ/全5回BIMでどこまでモデリングするか迷う場面は多い。そこで今回は、具体的事例を検証しながら、3Dモデリングを用意するのか、2Dの図面で表現して伝えるのかを考える。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 7th STEP 第1回:最大実体公差方式とは/全5回7th STEP初回は、最大実体公差方式を理解するために必要な「最大実体サイズ」と「最小実体サイズ」の違い、「包絡の条件」と「独立の原則」との違い、図面への表記法についてまとめる。

詳しくはこちら

極めるBIM 1―世界のBIM、日本はBIM先進国か? 後進国か? Autodesk University 2016レポート/全5回新連載「極めるBIM」がスタートする。初回は米国ラスベガスで開催されたAutodesk University 2016の詳細レポート。人工知能、機械学習、VRなど、最近注目のキーワードが登場し、最新のBIM事情とこれからの展望をお伝えします。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 6th STEP 第5回:振れ偏差の使い方/全5回今回は、振れ偏差に分類される「円周振れ」と「全振れ」について解説し、最後に幾何偏差の相互関係についてまとめる。

詳しくはこちら

BIM再入門−最適なツールの正しい使い方 5 躯体施工図を作成する…ARCHICAD 20を使って/全5回今回はARCHICADによる施工BIMに焦点を当てる。BIMという道具を柔軟に使いこなし、施工図をBIMで作成する方法を考える。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 6th STEP 第4回:位置偏差の使い方/全5回今回は、位置偏差に分類される「同軸度/同心度」と「対称度」、「位置度」について解説する。

詳しくはこちら

BIM再入門−最適なツールの正しい使い方 4 <RevitとSS3>無理して鉄骨モデルを作ってみた…/全5回今回は、一貫構造計算ソフトウェアのSuper Build/SS3(ユニオンシステム)を取り上げ、BIMアプリケーションではないSS3をBIMアプリケーションのRevitと連携させる使い方を見ていく。一捻りして「Revitで製作図をつくれますか?」という質問への回答を兼ねて解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 6th STEP 第3回:姿勢偏差の使い方/全5回今回は、姿勢偏差に分類される「平行度」と「直角度」、「傾斜度」について解説する。

詳しくはこちら

BIM再入門−最適なツールの正しい使い方 3 <RevitとARCHICAD>設備モデルを入れてみる/全5回今回は、BIMを使った設備設計を考えてみる。ARCHICADのMEP Modelerと、Revit 2017を取り上げながら、建築、構造だけでなく、設備設計にBIMを使うことを学ぶ。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 6th STEP 第2回:形状偏差の使い方2/全5回今回は形状偏差の残りの4特性「真円度」「円筒度」「線の輪郭度」「面の輪郭度」について解説する。

詳しくはこちら

BIM再入門−最適なツールの正しい使い方 2 <RevitとARCHICAD>どちらも詳細図は2Dで作る?/全5回BIMの解説書としてお薦めの2冊を紹介しながら、RevitでもArchiCADでも、紙の図面を正しく作成することが重要であり、2D図面を正しく作ることのできるスキルがBIMを扱う場合にも書かせないことを学ぶ。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 6th STEP 第1回:形状偏差の使い方1/全5回具体的な幾何特性14種類についてその解釈と記入テクニックを解説する6thステップがスタートする。初回は14種類の幾何特性のうち形状偏差に分類される「真直度」と「平面度」について取り上げる。

詳しくはこちら

BIM再入門−最適なツールの正しい使い方1 <RevitとARCHICAD>操作方法の違いに戸惑うが…/全5回鈴木裕二氏の新しい連載「BIM再入門−最適なツールの正しい使い方」がスタートする。BIMアプリケーションの代表としてRevitとARCHICADを取り上げ、さまざまな用途に最適なアプリケーションとその使いこなし方を考える5回シリーズ。第1回は操作方法の違いにフォーカスする。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 5th STEP 第5回:幾何特性の特徴と範囲を理解する/全5回幾何特性を記入する公差記入枠のルールや、幾何特性の範囲を学ぶ。データムの表示が必要かどうかや、幾何公差の数値に「φ」が付くか付かないかの場合分けも詳細に解説する。

詳しくはこちら

BIMの最新事情レポート 第5回:BIMによる設計・施工で、発注者は喜んだか?/全5回実際に尼崎市で進行中の保育所改修工事を取り上げ、設計の各段階と工事監理でのBIMを使って成功した点と失敗した点を紹介する。成功か失敗かは発注者の目線で判断し、BIMの最新事情とともに解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 5th STEP 第4回:基準を意味するデータムを知ろう/全5回今回は幾何公差の基準となるデータムについて、その定義から記号の意味、使い方まで詳しく解説する。設計基準でもあり、加工基準、検査基準ともなる重要なデータムについて、正しく理解しておこう。

詳しくはこちら

BIMの最新事情レポート 第4回:シンガポールでのRTCとプレキャスト/全5回シンガポールで開催されたRTC ASIA 2015をレポートする。RTC とはRevit Technology Conferenceの略でRevitユーザーが集まる勉強会。BIMによる設計・施行の実例を挙げながら、その最前線を解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 5th STEP 第3回:幾何公差を測定する機器や原理を知ろう/全5回設計者が図面に幾何公差を記入する際に知っておくべき測定方法について解説する。測定環境についてや、測定機器の種類とそれぞれの測定方法についてまとめる。計測方法の原理を理解し、幾何公差を正しく使いこなしてほしい。

詳しくはこちら

2015年10月

建築系CAD 講師:鈴木裕二

BIMの最新事情レポート
第3回:やり過ぎないBIM/全5回

BIMの最新事情レポート 第3回:やり過ぎないBIM/全5回日本のBIMは「もうからない」「BIMを使わないでも仕事ができてしまう」ために遅れているという考えを持つ筆者が、どう使いこなせばBIMでもうかるかを考える。企画設計・基本設計・実施設計の三つの設計フェーズで、どのようなBIMが必要なのかを丁寧に解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 5th STEP 第2回:加工によってカタチが崩れる理屈を知ろう/全5回加工によるカタチの崩れは、さまざまな場所やタイミングで発生する。加工のための固定方法や、加工手順、加工方法によってどのようなカタチの崩れが考えられるのかを解説する。

詳しくはこちら

BIMの最新事情レポート 第2回:建築-構造-設備モデルを重ねる? 構造をRevitで/全5回BIMを使って、建築モデルをコンピュータ上で構築し、問題点や設計の意図が反映されているかを検証できるが、検証のためには、建築・構造・設備の三つのモデルを重ね合わせる必要が出てくる。そこで今回は、モデルの重ね合わせについてと、Revitを使って構造計算-構造モデル-構造図を作成する方法を学ぶ。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 5th STEP 第1回:寸法(サイズ)と幾何(カタチ)の違い/全5回5thステップがスタートする。まずは、寸法公差と幾何公差の違いについて学ぼう。幾何公差は設計意図をさらに明確にするためのテクニックである。寸法の定義から寸法公差と幾何公差を混同しない、という基本までを詳細に解説する。

詳しくはこちら

BIMの最新事情レポート 第1回:照明シミュレーションは設計の道具か?/全5回鈴木裕二氏の新連載「BIMの最新事情レポート」の第1回。質問が多く寄せられた照明シミュレーションを取り上げる。また、新連載で取り上げるテーマもまとめて紹介する。BIMの最新事情を知るために、ぜひチェックしてほしい。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 4th STEP 第5回:寸法公差の妥当性を検証する/全5回機能や組立を保証する設計意図を明確に第三者に伝えるためには、寸法公差が不可欠であることを学んできたシリーズ最終回。今回は寸法公差を記入する際に必要な公差値の妥当性を検証する考え方を学ぶ。

詳しくはこちら

BIMを本気で使いこなす 第5回:BIMでシミュレーション/全5回「BIMを本気で使いこなす」シリーズ最終回は「シミュレーション」を取り上げる。BIMを使った風や空気の流れと構造強度検討シミュレーションについて、詳しく解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 4th STEP 第4回:寸法公差を使うシチュエーションを知る/全5回軸受や歯車、軸などの機械要素を使う場合、寸法公差が必要不可欠となる。そこで今回はたくさんの事例を取り上げ、どのような場面で寸法公差が必要となるかを丁寧に解説する。

詳しくはこちら

BIMを本気で使いこなす 第4回:BIM で改修設計をやってみた(2)/全5回筆者の設計事務所で進行中の保育所改修設計レポートの続編。現場スタッフとの打ち合わせで、実際にBIMx画面上で動きを確認し、図面だけでは分からなかった問題点が明らかになる様子や、照明器具のシミュレーションなどをお伝えする。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 4th STEP 第3回:面の肌記号の記入上の注意点と使い方/全5回切削や研削などにより加工された表面に必ず生じる凹凸や筋目は表面粗さの面の肌記号として、図面に表すことができる。そこで今回は、面の肌記号を記入する際の注意点と使い方について詳しく解説する。また、2002年に改定された最新版についても解説する。

詳しくはこちら

BIMを本気で使いこなす 第3回:BIMで改修設計をやってみた(1)/全5回筆者の設計事務所で進行中の保育所改修設計を2回にわたりレポートする。BIM が使えると、どんなふうに改修設計や、確認作業が進んでいくかを詳しく紹介する。実例を見て、「BIMでそこまでできるのか」なのか「BIMといってもそれくらいしかできないのか」の判断をしてほしい。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 4th STEP 第2回:公差域クラスの記号の意味と記入テクニック/全5回より精度の高い寸法公差が必要な場合には、公差域クラスの記号を使うことができる。そこで今回は、穴と軸の寸法公差を記号で表記する公差域クラスの記号の意味と記入テクニックを解説する。世界共通の記号である公差域クラスの記号について学ぼう。

詳しくはこちら

BIMを本気で使いこなす 第2回:BIMで仕事の流れを変える/全5回iPadを使って建物の中を歩き回ったり、3次元でチェックしたりできるBIMツール、グラフィソフト社のBIMx Docsとオートデスク社のBIM 360 Glueを紹介する。これらが建築の仕事の流れ、設計−施工−維持管理の手法を変えることになるかを考えてみよう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 4th STEP 第1回:寸法公差記入上の注意点と寸法公差の使い方/全5回機械系CADの連載、4th STEPがスタートする。全5回のテーマは「信頼性を保証する寸法公差テクニック」。初回は「寸法公差記入上の注意点と寸法公差の使い方」を学ぶ。寸法公差を記入する際に意外と知らない細かなルールやなぜ寸法公差が必要なのかを解説する。

詳しくはこちら

2014年8月

建築系CAD 講師:鈴木裕二

BIMを本気で使いこなす
第1回:BIM教育を考える/全5回

BIMを本気で使いこなす 第1回:BIM教育を考える/全5回建築系CADの新しい連載「BIMを本気で使いこなす」がスタートする。初回は、建築・インテリアデザイン・CGの専門学校を例に、BIM教育を考えることからスタートする。BIM教育で建築業界の未来を担う人材の育成を目ざしているというカリキュラム内容を紹介しながら、実社会でどんな人材が求められているのかを分析。BIM時代の建築設計士の理想像を考えていく。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 3rd STEP 第5回:投影図と寸法線以外の情報にも注意を払おう/全5回これまで、4回にわたり解説してきた軸を固定する治具(じぐ)の四つの構成部品の作図。今回はその仕上げとして、表題欄に記入される部品名称や材質、表面処理について、どのように考え、選択すればよいかを解説する。図面には、投影図と寸法線以外にも重要な情報が示されていることを学ぼう。

詳しくはこちら

続 BIMアプリケーションの使いこなし 第5回 : BIMからCIMへ−基盤地図情報を使う/全5回建築分野のBIMと同様に普及してきているのが、土木分野のCIMである。CIMとは、Construction Information Modelingの略。情報化施工とも言われる。土木全般、道路や橋梁(きょうりょう)から下水、都市計画までその範囲が広いのが特徴だ。今回は、そのCIMの中から、国土地理院の「基盤地図情報」の有効な使い方についてBIMソフトウェアArchiCADと、CIMソフトウェアAutodesk InfraWorksという二つのソフトウェアを取り上げて紹介する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 3rd STEP 第4回:加工方法を図面に表す/全5回今回は、治具の構成部品の寸法記入の手順を考える。組立図から機能を考え、加工者に配慮した寸法記入をし、適格な図面を描くには、加工工程をイメージすることが重要であることを学ぶ。また、寸法記入の際には関連する形状をまとめて記入するという、加工者に読みやすい図面作成のコツも解説する。

詳しくはこちら

続 BIMアプリケーションの使いこなし 第4回 : ArchiCADで構造図・躯体図(くたいず)・詳細図を考える/全5回BIMで企画設計や基本設計は当たり前となってきたが、昨年登場したArchiCAD 17では、躯体図モデルも作成可能となり、「BIMで設計から施工まで」という理想に近づいてきているという。BIMは施工の段階でどのように使えるのか、具体例を挙げながら詳しく解説する。2D CADはもう必要なくなるのだろうか。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 3rd STEP 第3回:加工の基準もあわせて考える/全5回山田学氏による設計意図を表す寸法記入の実践編解説、第3回。今回も具体的な部品を例にしながら解説する。相手部品との相関関係を確認しながら寸法を記入する、加工方法を想定して加工基準も同時に決めて寸法記入する、という鉄則を学ぼう。

詳しくはこちら

続 BIMアプリケーションの使いこなし 第3回:クラウドで使うBIM/全5回鈴木裕二氏による連載「続BIMアプリケーションの使いこなし」第3回は、クラウドで使うBIMについて解説する。オートデスク社の製品群を例にとり、クラウドでできる三つの作業、すなわちコラボレーション、シミュレーション、ビジュアライゼーションに関するサービスを紹介。CADの世界でクラウドはどう使えるのかを学ぼう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 3rd STEP 第2回:基準を六自由度から見つける/全5回山田学氏による製図技法の解説。今回のテーマは「基準を六自由度から見つける」。具体的な機械製品を使い、基準や機能を探し出しながら、寸法記入の過程を学ぶ。多数の図版から、六自由度方向の拘束を意識して設計するということが理解できる。

詳しくはこちら

続 BIMアプリケーションの使いこなし 第2回:AutoCADとBIM似て非なるもの/全5回鈴木裕二氏による連載「続BIMアプリケーションの使いこなし」第2回は、CADアプリケーションとBIMアプリケーションの違いを紹介。鈴木氏が「似て非なるもの」と言う理由はどこにあるのか?建築設計に関わる3Dモデリングや太陽光のシミュレーション、ウォークスルー・アニメーション等の実例をもとに解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 3rd STEP 第1回:設計意図と寸法記入の関係/全5回GLOBALエンジニアになるための製図技術3rd STEPの第1回目となる今回は、山田学氏による設計意図と寸法記入の関係の解説。分かりやすい実例とともに、設計意図を表す寸法記入の大原則を紹介する。

詳しくはこちら

続 BIMアプリケーションの使いこなし 第1回:新しい設計手法としてのBIM / 全5回鈴木裕二氏の連載の続編「続BIMアプリケーションの使いこなし」がスタートする。第1回は、新しい設計手法としてのBIMとはどういうものかをお伝えする。事例を挙げながら、今までの設計との違いやBIMを使った設計とはどういうものかを、BIMという言葉を使わずに、分かりやすく解説する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 0(ゼロ)STEP 第5回:空間認識力が発揮されるポンチ絵を描く/全5回設計の基礎である空間認識能力のトレーニングを続けてきた0STEPもいよいよ最終回。今回は、本講義のまとめとして、形状や奥行きを意識しフリーハンドでポンチ絵を描く練習をしてみよう。V字ブロックを例に模範図を示した後、例題と演習を各1題。最後はポンチ絵を描く際の三つのポイントをお伝えする。

詳しくはこちら

BIMアプリケーションの使いこなし 第5回:AutoCADとの連携と解析/全5回BIMアプリケーションの使いこなしと題した連載もいよいよ最終回。今回はBIMを使った設計の流れが加速する中で、標準2次元CAD、AutoCADはどう使っていくのが有用かを解説する。また、誰でも無料で使えることが話題の「AutoCAD 360」の機能検証や、有償・無償を含めて数が増えつつあるクラウドツールについても触れる。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術
0(ゼロ)STEP 第4回:線が交差する組図から形状を見極める/全5回CADを使う場合、部品ごとに線の色で区別したり、レイヤーによって区別したりすることができるため、簡単に該当する部品の形状だけを抜き出すことができる。しかし、白黒で紙に印刷した組立図でそれぞれの部品の形状を区別するには、形状を推測する力が必要となる。今回は、組立図から重なる部品の中から形状を推測し、見極められるように練習しよう。

詳しくはこちら

BIMアプリケーションの使いこなし 第4回:IFC を使ってデータ互換(後編)/全5回今回のテーマは「IFC を使ってデータ互換(後編)」。構造設計の仕事でArchiCAD意匠モデルをRevitに持ってくることがある。平面はきちんと表示されるが、立面、3Dには何も見えない…。そんなトラブルが発生したときに何を確認すればいいのか検証してみよう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 〜ポンチ絵は文字や言葉以上の世界共通言語〜 0(ゼロ)STEP 第3回:不足する投影図から形状を創造する/全5回製品設計の過程で部品形状を考える場合、最初にある方向からの投影面のイメージを描き、続いてその他の方向から見たときの形状を考えていくことが一般的である。0(ゼロ)ステップの目的であるポンチ絵を描くためには、自由に形状をイメージ(想像)できる“柔らか頭(思考の柔軟性)”が要求される。今回は、形状を自ら創造することでさまざまな形状パターンの存在を知り、ユニークな形状を素早くイメージ(想像)できるように練習しよう。

詳しくはこちら

BIMアプリケーションの使いこなし 〜適材適所の使いこなし〜第3回:IFC を使ってデータ互換(前編)/全5回今回のテーマは「IFC を使ってデータ互換(前編)」。IFC(Industry Foundation Classes)というファイル形式がある。これはIAI(International Alliance for Interoperability)というBIMを推進する中立的な立場の団体が提案しているBIMの中間ファイル形式だ。Revitの構造モデルをArchiCADにIFC経由で渡して、何ができて何ができないのか検証してみよう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術
〜ポンチ絵は文字や言葉以上の世界共通言語〜 0(ゼロ)STEP 第2回:立体図形の把握が空間認識力を養う/全5回製品設計の構造段階では、2次元平面上で機能する要素や部品をレイアウトすることから構想が本格的にスタートする。このとき、ベテラン設計者は2次元平面上だけを考えて機能する要素や部品を並べているわけではない。この時点で、はっきりとしたことはわからずとも、奥行きの空間を見越して要素や部品を平面上にレイアウトしているのである。0(ゼロ)ステップの目的であるポンチ絵を描くためには、この空間認識力が必要となる。今回は動作軌跡と奥行きのスペースを意識しよう。

詳しくはこちら

BIMアプリケーションの使いこなし 〜適材適所の使いこなし〜第2回:構造、施工モデルを作成する/全5回今回のテーマは「構造、施工モデルを作成する」。柱のサイズを変更したい場合、その柱を選択してダイアログボックスで柱の大きさを変更するというのが、前回紹介したArchiCADの操作の原則だ。例えば1本の柱を選択して、ダイアログボックスを表示させ、その柱のサイズを変更できる。いたって普通の操作なのだが、実は構造設計ではこれでは困るのだ。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術 〜ポンチ絵は文字や言葉以上の世界共通言語〜 0(ゼロ)STEP 第1回:平面図形のレイアウト力から養う/全5回これまでに1st STEP、2nd STEPでは、製図の重要性と実践で使えるテクニックを解説してきたが、一度初心に戻り、設計や製図に欠かせない空間認識力を向上してもらいたいと思う。今回から始まる0(ゼロ)STEPでは、頭の中で形状や空間を意識する練習を繰り返し、ポンチ絵を描くスキルまでを5回に分けて解説し、読者の皆さんの設計センス(=論理的思考力)を磨いてもらいたいと願っている。

詳しくはこちら

BIMアプリケーションの使いこなし 〜適材適所の使いこなし〜 第1回:意匠図モデルを作成する/全5回今回から「BIM アプリケーションの使いこなし」をテーマとした連載を始める。第1回目のテーマは「意匠図モデルの作成」。意匠図モデルとはデザインモデルだ。建物の設計意図を表現できるデザインモデルを、BIMアプリケーションを使って作成する。ただし操作方法の入門ではなくBIMでの基本的な考え方を、主にArchiCAD を使って解説する。Revitとの違いも紹介したい。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜製図実践基本テクニック〜 2nd STEP 第5回:加工に配慮して一目置かれるエンジニアになろう/全5回前回、寸法は加工によってばらつき、公差のない寸法には普通許容差が適用され、機能上重要な部分の寸法を優先して記入することを理解した。今回は、加工者や検査者など、第三者が読みやすく作業しやすい寸法記入テクニックを学習しよう。

詳しくはこちら

「おさまり」のいい図面 〜鍵はBIM×二次元CADの相互理解〜第5回:「工」 施工を考える/全5回今回のテーマは「施工」。実際に施工する前にコンピュータの中で建物のモデルを作ろうというのがBIMだ。コンピュータの中で建てるので、現場で建てて初めて見つかるような問題点を、あらかじめ見つけて対処できる。ただそのためにはかなり詳細なモデルを作らなければいけない。その際に克服すべき問題点や、現状の進み具合についても見てみよう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜製図実践基本テクニック〜 2nd STEP 第4回:寸法がばらつくことを忘れるな/全5回前回は、特殊な図示法を使って、第三者により理解しやすい投影図を描くテクニックを解説した。普段何気なく記入している寸法にも、JISに決められたルールがある。今回は、三つの寸法補助記号を例に、JISのルールと設計現場のルールの違いを見てみよう。

詳しくはこちら

「おさまり」のいい図面 〜鍵はBIM×二次元CADの相互理解〜第4回:「段」 階段を考える/全5回前回は、形状を表す寸法補助記号でも、意外と知らないJISで定められた記入ルールがあり、設計現場の使い方と違っていることを知った。今回は、普段何気なく記入している寸法にもJISに決められたルールがあること、寸法の記入の仕方によっ ては、設計機能や組立に影響を与えてしまうばらつきが発生してしまうことの2点を理解しよう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜製図実践基本テクニック〜 2nd STEP 第3回:意外と知らないJISのルール/全5回前回は、特殊な図示法を使って、第三者により理解しやすい投影図を描くテクニックを解説した。普段何気なく記入している寸法にも、JISに決められたルールがある。今回は、三つの寸法補助記号を例に、JISのルールと設計現場のルールの違いを見てみよう。

詳しくはこちら

「おさまり」のいい図面 〜鍵はBIM×二次元CADの相互理解〜第3回:「梁」 構造を考える/全5回今回のテーマは「構造」、建築で構造というのは柱や梁、基礎、それに耐震上で重要な壁などのことだ。内装や重要でない壁、建具などを建物から剥ぎとっていって最後に残るコンクリートや鉄骨を躯体(くたい)と呼ぶが、この躯体で構成されるのが「構造」だ。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜製図実践基本テクニック〜 2nd STEP 第2回:特殊な図示法を使いこなせ/全5回読んだその日から製図業務に活用できるよう、投影図と寸法記入の実践的なテクニックを全5回にわたって解説するセカンドステップ。第2回の今回は、特殊な図示法を使って、第三者により理解し易い投影図を描くテクニックを紹介しよう。

詳しくはこちら

「おさまり」のいい図面  〜鍵はBIM×二次元CADの相互理解〜  第2回:「壁」 壁を考える/全5回建築物というモノを作り、維持管理して最後に廃棄するまでの建物ライフサイクルにわたって、必要な情報を図面に入れる。BIMなら図面ではなくてコンピュータ上のデータに入れる。これが建築設計における「魂を入れる」だろう。
今回は「壁」をテーマに、コンピュータ上のデータあるいは紙の図面に魂を入れることを考えよう。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜製図実践基本テクニック〜 2nd STEP 第1回:図形を理解しやすくする投影図の選択/全5回ファーストステップでは、設計と製図の関係から製図の重要性について説明した。
セカンドステップでは、読んだその日から製図業務に活用できるよう、投影図と寸法記入の実践的なテクニックをピックアップして全5回にわたって解説する。
まずは、第三者が見てわかりやすく解釈に誤りがない投影図を選択するテクニックから解説しよう。

詳しくはこちら

「おさまり」のいい図面  〜鍵はBIM×二次元CADの相互理解〜  第1回:「窓」 窓を考える/全5回 建築の設計にかかわる人なら耳にしたことがある流行りの言葉「BIM」、人によって「ビーアイエム」とも「ビム」とも発音するが、Building Information Modeling(ビルディングインフォメーションモデリング)の略だ。簡単に言えばコンピュータの中に建物を作るという設計、建設、維持管理に使う手法であり、思想のことだ。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜図面は英語に勝る公用語〜 1st STEP 第5回:2010年に改正されたJIS製図のポイント/全5回 機械製図において、ISO規格とJIS規格を整合させるために、2000年前後にJIS製図が改正された。

主な改正として、「ねじの表記」や「表面性状記号」、「幾何公差の表記」などである。そして昨年(2010年)に、「寸法補助記号の追加」や「溶接の指示方法」などが改正された。

最新規格である2010年改正JIS製図の中から主なものを抜粋し、以下に新旧の違いを比較し説明する。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜図面は英語に勝る公用語〜 1st STEP 第4回:ローカルルールと新旧ルール/全5回 最新JIS製図を用いた設計製図のセミナーを全国各地で開催していると、一つ困った現象が発生する。それは、少しでもJIS製図と違った表記をすると図面として失格であるという強迫観念を受講者が持つことである。

「うちの会社ではこんな表現をするんですが、これはJIS製図として正しいですか?」といった具合である。

そこで私は、「JIS製図は、あくまでもガイドラインであり、すべてのパターンを網羅しているわけではありません。したがって、ルールにないものは読み手が間違った解釈をしないよう自分で考えればよいのです」と回答している。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術  〜図面は英語に勝る公用語〜 1st STEP 第3回:製図の重要性を知る/全5回 設計作業と比較すると製図作業は技術的なレベルが低いと認識されており設計者の中でも重要視されていない。
製図によって作り出される図面は、設計OUTPUTという設計の成果物として加工現場で部品として生み出される元になるものであり、CADに描いた計画図とはその役割が大きく異なるためどちらが重要という比較する対象になるべき技術ではない。 図面は、ISO9001(品質マネジメントシステム)の中では管理書類として位置づけられるほど重要なドキュメントなのである。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術
  〜図面は英語に勝る公用語〜 1st STEP 第2回:設計と製図の関係/全5回 設計者が考えるアイデア次第で、品質・コスト・操作性などが異なり、「機能はたくさん付いているのに、コストが競合他社より高くて売れなかった・・」なんてことはよくある話である。消費者は機能だけでなく価格やデザインなど、商品としてトータルで魅力あるものを選択する。
このように設計とは、開発した製品をマーケットに送り出すまでは正解はないが、マーケットに送り出されたとたんに消費者が正解かどうかを判断してくれる。

詳しくはこちら

世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術
  〜図面は英語に勝る公用語〜 1st STEP 第1回:CADの役割を認識する/全5回 産業のグローバル化に伴い、エンジニアの描いた図面が翌日には海外の工場で加工されるという時代になって久しい。また、図面だけではなくエンジニア自身も生産の立ち上げや製品フォローのために海外へ行く機会がこれからどんどんと増えてくるはずである。海外へ行くとなるとまず英語から・・と思いがちであるが、機械設計の世界には英語以上の共通語である図面が存在し、これを味方につけることでGLOBALエンジニアに変身できるのである。

詳しくはこちら

コンテンツ一覧へ

企業のITセキュリティ講座